マンションリフォームで子供部屋を仕切り、もう一部屋増やす方法

マンションリフォーム相談室  室長です。

マンション住人で悩んでいる方が
多いのが子供部屋問題。

ようするに、
子供部屋が足りないわけですよ。
私も、子供の頃、
2LDKのマンションに、
両親と妹と一緒に4人で住んでいたのでよくわかります。
両親の寝室を
除くと、あと一部屋しか残っていないので、
そこを兄妹で分合うわけですよ。

そのせいで、
友人を家に招くことは、
ほとんどなかったですね。

だからこそ、わかります。

子供は自分だけの部屋が欲しいんです。

ただ単に、
6帖の部屋の真ん中を
家具などで仕切って
3帖づつに分ける方法が
一番手っ取り早いかもしれませんが、
それだと、
兄妹同士のプライバシーが
確保できず、
子供の立場からすると、
少し不満が残ります。

親の立場からすると、
ぜいたく言うなってとこでしょうかね…

家具で仕切るのではなく、
実際に壁を作るとどうか?

壁を作ること自体は
それほど難しい工事では
ありませんので、
費用もかかりません。

余分な押入れ等なくして、
うまく部屋に取り込めると、
部屋を大きくすることも
十分可能です。

かなり大雑把ですが、
こんなイメージ↓

s08_e_2ldk_dキャプチャggr

収納はなくなってしまいましたが、
4.5帖の部屋が3つ取れました。

マンションのいいところは、
構造的な制約が少なく、
間仕切りを自由に設置できるところです。

もちろん
壁式構造のマンションでは無理ですよ。

意味がわからない方は過去記事を参照して下さい。
↓↓
ラーメン構造と壁式構造の違い
これから何年にも渡って生活する場所なので、
もっとも意心地がよい空間にして下さいね。

 

 

ページTOPへ