姫路のマンションでキッチンリフォームをする際に注意すること。

今回は、キッチンのリフォームでの注意点についてお話します。

築年数が20年を超えてくると、キッチンの入替を検討する方が増えてきます。

不満が多いのが、収納スペースの少なさや、動線の悪さです。

昔のキッチンに比べて、今のキッチンは同じ大きさでも収納量が
増えていますので、単純に商品を入れ替えるだけでも、
満足度は上がると思います。

古いキッチンだと、シンクの真下に邪魔な大きな排水トラップが出ていて、下に物を入れるにも、非常に使いづらかったりしたのですが、現在のキッチンは、排水トラップが、最奥に移動し、しかも小さくなってているので、収納量がアップしているのです。

また、多くが開き戸扉の収納だったため、奥の方にしまったものは、取り出しにくかったのですが、現在主流の引出し収納なら、その心配もありません。
空間を隅から隅まで最大限に利用できる工夫が至る所にあります。

そのひとつが、足元の台輪と呼ばれる部分です。
台輪

最近のキッチンは、この台輪がありません。
床面ギリギリまで収納として活用していますので、
今まだは収納がむずかしかった、高さのある調理器具や、
ペットボトルなども、収納できるようになっています。
収納スペース

上の写真は、クリナップのラクエラです。

価格も手頃で大変人気があります。

弊社もこのキッチンは、姫路のマンションで、
相当数設置しました。

ただ、注意が必要なのは、マンションで、台輪部分がない引出しタイプの
キッチンを扱う場合です。

マンションは、下階へ行く排水管の位置が決まっています。

その配管は、「共有たて管」と言い、マンション住民全員の資産ですので、
住民個人の判断で動かすことはできません。

キッチンをどこに動かそうが、最終的に排水は「共有たて菅」に
繋がなくてはならないため、そこからあまり離れた位置に
キッチンは設置できないのです。

理由は、水が流れるためには角度をつけなければならないからです。

つまり、「共有たて菅」から、距離が長くなるほど、高さが必要だということ。

ここで、ようやく台輪の話に繋がります。

台輪があるタイプのキッチンは、台輪の部分は空洞ですので、
排水管のスペースとして使用できます。

キッチン

その事で、【台輪部分がない引出しタイプ】のキッチンに比べて、
台輪の高さ分、キッチンを「共有たて菅」から離すことができます。

ようするに、間取りの自由度が、上なんです。

キッチンと食器棚の間隔が狭い、家事動線が良くないなどの理由で、
キッチンの位置を変えたいという場合などは、

引出しタイプを断念した方が、
結果的に満足のいくリフォームになる場合もありますので、

そのあたりも、業者の方に相談してみるといいかもしれません。

マンションのキッチンリフォームで注意すべきことは、まだあります。

それは、搬入経路です。

キッチンの幅を大きくしたり、
L型キッチンに変更したりする場合は、
マンション入口、エントランスホールから、

エレベーターもしくは、階段を使って、
家の中まで、キッチンの天板を
どこにもぶつけることなく運びこむことができるかを、
必ず確認しておかなくてはなりません。

大阪、神戸など、大都市で、
常にマンションリフォームばかり手掛けている業者でしたら、
搬入経路の確保というのは、何も言わなくても体に染みついていますので、
心配はいりません。

注意しなくてはいけないのが、姫路・加古川などの、
マンションでのキッチンリフォームの経験の少ない業者に
仕事を任せる場合です。

彼らは、戸建て住宅のリフォームばかりやっていますので、
搬入経路を気にする必要などほとんどありません。

最悪、入らなけらば、一部、解体して搬入し、また直せばいい。

それくらいの気持ちでいますので、危機感が違います。

キッチンの天板は、思った以上に搬入しずらいです。
まずエレベーターには乗りませんので、階段で運ぶ事になります。

もし、幅2700㎜のキッチン天板をいれようと思えば、
事前に、慎重に搬入経路を検討しておかないと、
いざ、キッチンを設置する段階で、
「入らない!」なんてことになりかねません。

階段を壊して広げるなんてことはできませんので、
それこそ、キッチンの選定し直しから、プラン変更、
再発注まで考えると、
それは、費用から、工期まで、もう大変な問題になってしまいます。

特に団地のキッチンリフォームは要注意です。

団地は、廊下の天井、階段の幅など、特にコンパクトに
設計されていますので、一般的な2550㎜の天板でも
搬入が難しい場合があります。

他には、L型天板もよくトラブルがあると聞きます。

Lgata

工事で成形し、すでにL型の状態で、出荷されてくるものも多いので、これも要注意です。

形が複雑なため、搬入シミュレーションも容易ではありません。
場合によっては、ダンボールで、L型のカウンターの模型を作って、事前に階段から搬入できるかのテストを行っておくことをおすすめします。

以上のような事に気を付けて、キッチンリフォームを行なって下さい。

 

 

ページTOPへ